linuxの将来性と資格

転職を考えている方の多くは、「将来性のある仕事をしたい」「ずっと続けられる仕事をしたい」と考えていると思います。
やはり、転職を考えた時には長い目で見た転職先を考えますよね。そんな方の中には、IT関連の仕事に興味を持っている方もいると思います。
しかし、IT関係の仕事といっても、様々な職種がありますから、迷われる方も多いでしょう。
では、IT関連の仕事のひとつ、linuxに関わる仕事、資格についてご紹介しましょう。

そもそも、linuxを学ぶ際には「資格はあるのだろうか?」と思われる方もいると思いますが、linux資格があります。他業種からの転職を考えている方であれば、「受験資格はあるのだろうか?」と気になる方も多いと思いますが、linuxの受験資格は年齢制限もありませんので、誰でも気軽にチャレンジ出来る試験となっています。

「どういった試験があるのだろう?」と思われる方が多いと思いますが、linuxの試験には初級から中級、上級とレベルが分かれており、それぞれのレベルに合わせてチャレンジすることが出来ます。初級の場合には、実務で必要となる最低限の基本操作やシステム管理能力が問われることになります。

中級では、システムデザインやネットワーク構築などが出来ることが必要。
上級になれば、混合環境や大規模なシステム構築などの技術が必要となってきます。それぞれのレベルに合わせてチャレンジ出来ますから、成長毎に試験にチャレンジするのも良いですよね。

このように、linuxでは試験が実施させているため、資格を取得することで将来性を高めていくことも可能となるでしょう。資格取得が出来れば、自分の自信への繋がるはずですよ。